2014年9月25日木曜日

練習における様々なルーティンが習慣を生み適応となる




おそらく導入するのに、より安易で使うことができることの一つであり、その欠如はチームの機能に対して沢山の問題を生む。
良いルーティンが良い習慣を生む。

すべての練習において、いくつか習慣が生まれると考えられる。
もしセッションの機能を果たすことやオーガナイズを行わないなら、技術、戦術の要素に介入していかない。
練習メニューのバリエーションも大切なことである。バリエーションのない練習は選手たちに考えることを失わせる悪い習慣となる。

すべての練習でルーティンを子どもに導入すること。
遅刻や休みの連絡をすること、監督が説明をしている間に姿勢をとること、ボールを整理しておくこと、練習メニューと練習メニューの合間の時間に次の準備をすること、終わるときに全員で片付けることや完璧に片付けることなど…

トレーニングをきちんと終える、セッションの時間を失わない…
そのセッションを完全に活用するような素晴らしい方法を利用し、チームは機能していくことだろう。

フットボールが巧くなるということは適応である。それは習慣によって身についていく。
したがって、試合と類似している様々な状況を経験できるようなトレーニングをしていくべきであり、負荷と回復の時間をバランスよく与えていくべきである。