2014年9月22日月曜日

監督から考える審判との関係性と戦略



試合の準備

  • 様々な物事の中で2人の審判を分析する。
  • いつもその2人の審判で笛を吹いているか
  • 過去にその試合でその2人が私たちの試合の笛を吹いたか。ホームかアウェイか…一緒にかそれとも別々か
  • 審判にイメージを付ける
  • その2人がどんな性格を持つか考える

試合の戦略を樹立する

  • 常に同じ人が抗議や要求をしない
  • 座っているテクニカルスタッフが常にいること
  • 抗議や要求による最大限のジェスチャーは避けること
  • 正しい審判のアクションを賞賛すること

試合での関係

1.試合前
  • 挨拶、会話、関係をほぐす
2.試合中に影響を及ぼす可能性がある要素
  • 審判や監督、選手の気持ちの高揚
  • 観客の圧力
  • 試合自体の圧力。試合の重要性が影響する
  • 監督の位置

監督が判断する審判の評価

  1. 2人の審判の間での同じジャッジを維持しているか
  2. ファイブファールが溜まっても同じジャッジを維持しているか。
  3. 2人のコンビネーション
  4. ルールをしっかり把握しているか。
  5. 2人の審判とコミュニケーションをとることができるか。

審判と監督は手を取っていかなければならない。フットサルパッションによって。