2014年8月27日水曜日

プレシーズン(アナリシスとデザイン)




プレシーズンの主な目的はエネルギーの経路(有酸素と無酸素) の向上や発展のみ必要となるのではない。
チームのプレーリズムの強化や決められたプレーシステムを練習で統合することが必要。

スペインではシーズン毎、月毎、週毎に計画することが習慣化されている。
予定される試合に注意を払いながら、そして各瞬間で調整する。

プレシーズンも同様に、しっかりと事前に細かく計画されなければならない。
そして、予測できない自体に備えて少し余裕を持つ。
それらのために、後に試合で実施するであろうプレースタイルや、選手のことを知ることが何よりも基本とされる。

従って、テクニカル・スタッフの大きな目標は、プレーモデルを教えることであるだろう。
選手たちの体の状態を評価・管理しながら。
休養として大切であるバケーションシーズンから始めるために。



日々の練習ストレスに対する適応は、回復期間の間に発生する。
だからこそ、そのために重要となる時間を与えなければならず、練習すればするほど良い準備をすることができるとは考えるべきではない。

バケーションシーズンは酸素消費の程よい喪失をもたらす習慣となっている。
無活動から12日後、7%から9%落ちている。
このことから、持久力の練習で私たちの計画を始めることは理論的であると感じる。
そしてこれらはシーズン最初の瞬間から、私たちの戦術セッションと繋がりを持つことが可能である。
パフォーマンスの最高レベルに戻すための最低時間は大体3週間(20日)である。

選手たち、プレーシステム、そしてチームのプレシーズンを設計するための試合、それらを認識することが何よりも基本である。