2014年8月22日金曜日

数的不利な守備における戦術手順と個人戦術




数的不利な状況は短い間に起こり、守備チームに対した相手の攻撃トランジションによって基本的には引き起こされる。

アクションが起こることによって、その早さが私たちの選手たちに余儀なくさせる。
最初は練習した守備手順を実行し、そしてそれと平行して継続的な決断によるアクションの中で巧みに行う。

私たちの選手たちが獲得するだろう守備力は、選手の個人能力以上に事前に練習した守備の戦術手順の効果による結果であろう。
しかし最終的には個人戦術
なぜなら、自身の決断を通じたプレーによる戦術(プレーに応じた戦術)の実行を継続的に生んでいるためである。

両方の要素を、適した練習メニューを通じてトレーニングしていかなければならないだろう。

このタイプの状況のために利用するだろう守備の戦術手順は、プレーの意図や私たちの見識のベースについての理論的な仕上げ・訓練のトレーニング。
プレーの展開における選手の決断は、異なる状況の繰り返しで行われる。

監督たちは、各選手に適するように熟考された守備の戦術手順を適用しなければならない。

これらの手順のいくつかは使用され普及しており、一般的な手順とそれらを考えることができるであろう。
反対に、他のものはチームや監督のスタイルの明確な反映。
スポーツではただひとつの真実は存在しないということを、私たちは知っている。
なぜなら、もしあなたに機能するなら…それは完全に有効であるためだ。