2014年8月10日日曜日

数的不利な守備における簡単な3つの目標




数的不利の守備の状況が発生する時は、習慣的には守備のトランジションであり、その状況をバランス良くするアクションをいつもとることが可能とは言えない。したがって選手たちは、アクションの集合体による最高のパフォーマンスを獲得するため、早く、調整的な方法で行動せねばならない。

独占的な方法を提供することはできないが、その調整や効力が私たちに有利にプレーする要素となるように、幾つかの基準を定めることは有効的である。



一つ目の目標はスペースによって考察されなければならない。なぜならみんな知っているように、同じ選手の人数において大きなスペースで守ることはボールを保持するチームに優位となるからだ。数的不利における守備の目標は、狭く制御できるスペースにプレーを導くことで成り立つだろう。同じ構成員(攻撃者、守備者)により、アクションがより少ないスペースで発展されるように、守備の高さを徐々に下げながら。

2つ目の目標は、できる限り多くのパスラインを守ることによって成り立つだろう。守備者の人数が攻撃者より少ないので、常に支配できないパスラインが存在する。しかし、大きな危険や混乱を招く可能性があるそれらを特別に警戒し守りながらも、選手に対して守ることが中心でありパスラインではない。

そして3つ目の目標。おそらく一番難しいが一番効果的となること。それは、相手を限定するために守備から先手をとることである。これはまずキーパーの活動的な参加を通じて獲得することができ、その後ボールを受ける可能性が低い攻撃の選手を捨てて、選択したゾーンで数的同数の守備を創造する。それは、活動的でボールを回復することができる守備に変わるため、はっきりと行動することを許し守備を強める。