2014年7月24日木曜日

ポジティブな雰囲気で練習を行うこと




監督は練習するとき、プレーを教えるだけではなく選手たちと取り組んでいる。(選手たちも扱っている)
これは、私たちの仕事の最も重要な要因のひとつであるだろう。

練習についてポジティブな環境を創ること、そこでは喜びや希望、練習に対する欲が優先的に現れる。それらは監督が示す姿勢によって始まる。
選手たちには喜びやエネルギーを要求することはできない、もし私たちが無気力や薄い興味、悲しさを伝えているのであれば。

行うことによる希望を伝えながら喜びの環境で練習すること、そこでは罰より補強(褒めること)が優れている。そこでたえず要求することによって、良い行いが際立つだろう。誤りを正しながら、しかし完全に信頼しながら。
適した練習の姿勢の獲得を助けることとなるだろう。

基本的にこの方法は他の必要となる手段と共になることで、スポーツへの興味や次の日に再び練習したい気持ち、学びたい気持ちが強化されるだろう。

非難を基本とするチーム方針のモデルは支持しない。罰や権力。最終的に、自信がなく失敗を恐れる選手たちを生む。そして選手たちを燃え尽かせる。

教育的に、快い環境は教育-学習のプロセスに有利に働く。そしてそれは数学に有効であるのと同様にフットサルに対しても有効だ。