2014年7月18日金曜日

目標を持たないと他人に帰属する

”あなたの目標を心で持っていれば成長することができる。頭で持っていれば成長することができない、なぜならあなたに制限をかけるからだ。”



私たちの感情に耳を傾けなければならない。

試合ではパッションを観衆に向けて伝えなければならない。心でプレーしなければならない。これは生活にも当てはまること。何かを求めて戦うときに心を込めなければならない。

なぜなら、どんな試合でも最近では卓越さは普及されている。あらゆる国で卓越さの追求に尽力している。だからこそ、いかに心でプレーできるかどうかだ。

頭は、あなたが持つものをあなたに命じ、あなたの持つ手段によってあなたの目標を提案する。しかし、その手順では決して最高の手段に勝つ日が来ることはない。だから目標を持つことと同時に夢を持たなければならない。



生活の中で、あなたが目標を持たないと他人の目標に帰属することになる。リスクを冒さなければならない瞬間が来たとしても、あなたは他人の目標に帰属することを決めることができる。そして、おそらくそれで満足する。しかし、もしあなたが誰かになりたいのであればリスクを冒さなければならない瞬間がある。リスクは成長していく1人の人生をいきることである。リスクがなければ成長はない。

リスクを冒すことと賭けをすることを区別することはとても重要である。賭けの中にはプレーに対するコントロールを何も持たない。あなたが宝くじで賭ける、それは運を持てるかどうか。しかし、リスクの中には沢山の繊細なものがある。リスクには準備がある、そして謙虚さも。

やることなすこと自分で決めること。自分で決めるからこそ目標を心で持つことになりリスクを冒す。