2013年8月1日木曜日

7.戦術アクションの発展のために選手が持たなければならない基本的な能力




1.視覚と動体視力


視覚能力なしでは周囲を明確に感じることや正確な情報を獲得することができない。(動き、早さ、距離など)


2.応用性


経験の積み上げによる。各プレーアクションで「どこで」「どのように」「いつ」行動し、誰と相互に行動するのかを私たちに導いてくれる。


3.調整されたリアクション


プレーの発展を要求する様々な応答に対して、瞬時にそして継続的に適用する。


4.時間とスペースを支配


試合中は「スペース」の開拓と支配にによって争いが行われる。いつアクションを始めるのか、どれくらい続けるのか、どれくらいの速さで行うのか。それら「時間」の管理を知ること。


5.先行もしくは認知


試合の展開の中で起こることに対して正確に読む。


6.社交的心理


喜びやプレー感情を無視することなしに、メンタル面の解決のための要素を形成する。自己尊重、感情や動揺もしくはストレスに対するコントロール、意志の強さ、リスク評価、決定、粘り強さ、集中力、コミュニケーション能力


7.原動力


技術、体力、コーディネイト能力(アジリティ、バランス能力)