2013年6月5日水曜日

スター選手たちが監督の声に耳を傾ける。インテルのヘスス・ベラスコ監督




インテルの練習や試合を毎日のように見ていて、監督であるヘスス・ベラスコの選手に対する観察力や選手とのコミュニケーションのとり方が素晴らしいように思う。毎回の練習メニューで、選手たちに向けて話をする。その練習メニューの最中は何かを感じ取ることに集中しているのかのように静か、そして時折り指摘を加える。選手と個々に話をしている姿も、よく見かける。

ヘスス・ベラスコの指導方法は、基本的には選手を導くように教育をしていくが、ときには結論的な教育も行っている。実際に行うトレーニングが、新しいものの吸収なのか、吸収したものの定着なのか、グループの調整なのかで異なる。そして選手やクラブの特徴も大きな要素。

へスースベラスコの練習において伝達の手段として欠かすことができないものは、一つのボールと10人の選手、その中でも特に選手たちのモチベーションは大きなウェイトを占めると言う。より複雑な能力を向上させる様々なバリエーションのある情報処理を、少ない時間でコントロールし、少ない時間で実行しなければならないためだ。

ヘスス・ベラスコはビデオを見ることを私たちに勧める。まず最初に提案するスポーツ教授のための勉強材料は選手たちであり、試合を分析しなければならない。それは私たちが向上しなければならないものやそれを行う方法まで与えてくれるだろう。優先するべきだしあらゆる準備のための良い材料となる。新しい練習を考えることばかりが大切なのではない。