2013年4月11日木曜日

インテル・モビスタルで行われる練習『5対5+2GK』 縦幅はバスケットの大きさ



ボールアップの練習メニューもしくはレストの練習メニューとして行われていた。

コートを縮め、参加人数を増やし、タッチ数を制限、ゴールをする時は相手陣に全員が入らなければならない。コーナーはなし。相手陣のキックインでは、5対5ではなく試合と同じ4-4の状況で行う。

制限によって仲間を近くさせてムーブの調整をしている。