2013年3月11日月曜日

日本とはまたひと味違う。アトレティコ・マドリード試合観戦の雰囲気



スペインでは、あらゆるところでサッカーの話が飛び交う。バルでも、路上でも、チームの更衣室でも。
年寄りのおばあちゃんが夜ひとりで歩いていた。その人からラジオの音のようなものが聞こえたので、何かと思ったらサッカーの試合だった。
サッカーはスペインの日常に入り込んでいる。

アトレティコマドリード対レアルソシエダ。アトレティコは2位、ソシエダは6位



アップしている審判はもう悪者とされていた。審判はいつも観客から批難を浴びている。


試合前から、このような盛り上がり。日本だったら近所の苦情かな。スタジアム周辺はお祭りのようになっている。

試合中は、沢山の人が試合に参加している。試合での出来事に反応している。でも多くは批判的なものだ。