2013年2月12日火曜日

スペインを牽引してきたインテルのベテラン選手『アルバロ』




インテルの一選手。彼は長い間スペイン代表として活躍、前回のワールドカップで代表を引退した。日本にいたとき憧れていた選手の一人。

彼のゲームを組み立てる能力はすごいと思う。相手や仲間がどこにいるのかという認知力と相手にちょっとしたずれを生じさせるコントロールや受ける時のタイミングの変化、これらのプレーには、驚嘆してばかり。

彼は、チームメイトとコミュニケーションを多くとる。僕が圧巻と思ったことは、フアンホがパワープレーからボールを奪いゴールを決める、そこでみんな円になって喜ぶ。しかし、アルバロはフアンホと手でコンタクトをとると、すすっとセンターサークルに入った。チームメイトと喜びを分かち合いながら次の試合展開を読んでいる。試合展開を読むだけではないところが素晴らしいと思った。

練習や試合で常に声をかけて練習を少し引き締めること、そしてホンワリとした話し方でなごますこともある。

「今日の午後の練習はないよ、でも子供と遊ばないと。ここでの練習よりハードだよ。」
笑って言っていたのが印象に残っている。