2016年1月13日水曜日

パワープレーの異なるシステムやポジション。選手の決断力を基に




パワープレー特有のポジション


「システムに応じてどの選手を選ぶか」は非常に大切なことであるが、優先されるべきことは「自分の選手に応じてどのシステムを選ぶか」である


パワープレー用キーパー


パスの能力が高い選手である必要がある。それは技術的なことだけではなく、決断に関わる戦術的な部分も必要である。戦術的読み、そして危険を冒さなければならない状況に立ち向かうための落ち着きがあるかどうか。そしてボールを奪われた時、もしくは奪われそうな時の良い撤退ができることが好ましい。


キーパーのポジション


サイドか中央か、ファーストラインかセカンドラインかサードラインか。

ファーストラインの選手は、外からのシュートやボールの循環が巧い選手が好ましい。

セカンドラインの選手は、速い選手が好ましい。セカンドポストに到達できフィニッシャーであること、そして守備の時間稼ぎが巧いこと。


様々な守備に対するトレーニング


1-2-1か2-2という2つの守備システム、基本的にはこの2つに対して行う必要がある。


より使われる攻撃のシステム

  • 非対称的な1-2-2、対称な1-2-2、1-2-2ピラミッド、2-1-2、2-3、そして変形
  • 全選手による回転や何人かの選手による回転
  • 3-2から2-3もしくは2-1-2への回転


練習


特別な状況であり、特別な練習が必要となる。
  • 説明すること
  • ビデオ
  • ボード
  • 相手なしに減少したスペースで動きを説明すること


経験


パワープレーは、決められた動きをこなすことではない。そしてポジションアタックで高めていく能力とも、また違う部分がある。特にメンタル。パワープレーにおけるプレーの経験値がベース。

パワープレーは試合の決着をつけるもの。