2015年12月16日水曜日

トランジションにおける守り方。すぐ立ち上がり「撤退する」ベタオと「時間を稼ぐ」シュマイケルによる協力行為





ピヴォでボールを受けた選手がシュートを試みる。


シュートをする試みは成功したがゴールにはならなかった。


相手キーパーがボールを投げる。シュートした選手は早いメンタルチェンジ(プレーの没頭)により撤退を開始する。


3対2の移行局面になる。


守備の2人は仲間が撤退する時間を稼ぐ。一つのパスラインを封鎖し2対2となる方へ誘導する。


ボールホルダーをマークしていた選手はパスが出された瞬間、「マークしている相手」と「逆サイドの相手へのパス」を守ることを考える。


ボールを受けた選手にマークする選手は、パスラインを提供しないように寄せる。


仲間がしっかりと撤退してきた。移行局面はほぼ終えた。