2015年11月5日木曜日

カリスマ性を持つ?良い監督となるための5カ条。



フットボールの監督としてのカリスマ性はグループのパフォーマンスを高め適応させるようにチーム管理を手助けする。カリスマ性を持つにはどのようにしたらいいのだろうか、そもそも持つ努力などできるのだろうか。多くの研究者は、カリスマ性を高めるためには自分が発展したい程度によると言う。ただ、そこには継続した働きを続けることが必要とされる。


100パーセント現在に従事すること


このコンセプトは練習メニューを発展させるために1番大切なこと。なぜなら全ての瞬間において現在に従事することは信用を深めていく。目を見て人と話すこと、聴くことを知ること、そして特別な人となることは一つの問題について話をするときに基本である。

同様に全ての瞬間においてグループと約束されている状態であることにも注意をすること。選手、スタッフ、経営陣、ファンと繋がっていくことはどんな人でも樹立できる基本。

責任を持ち、どんな変化にも全ての瞬間で適応できる能力を持つ監督はチームに安全と信用を与える。試合やシーズンの方針を変えることができる決断をする全ての瞬間、色んなアイディアを持つ監督。


影響


グループの各メンバーが監督のことを大切だと感じさせること。全ての構成選手の働きに感謝することと頑張りを認めることは、良い監督と平凡な監督の違いを刻む要素である。

澄んだ監督でいること。何も隠さずに、振舞いを補強しチームを信じる。


専門家


人生経験を通して継続的に鍛錬を積んだり知識を継続的に向上させることに従事する監督は、成功に近づく。フットサルに関わる幅広い知識を持ち、複雑な状況を変えるために人生経験を話す。こういうことは監督としてのカリスマ性を向上させる。


正真正銘


自分は自分として自分を表明する、でも謙虚に。誠実となること、そして自分が考えるように物事を断定的に言うこと。自分を信じることができるか。


アイディアを伝える力


全員が理解でき実現できるように。これによって情熱に火をつけることは、周囲に大きな動機付けをする一つの要素となる。快適さや信頼を表明することはコミュニケーション能力を増加させる。