2015年11月30日月曜日

自分で決める選手になるための精神論。必要となるのは価値基準




“誰かと比較するのではなくて自分自身で決めるということがものすごく重要だと思います。”突然の戦力外、プロサッカー選手は新しい道をどう選んだのか

プレーを決めるのは誰か。監督?仲間?相手?親?


良い選手とは自分で決めることができる選手。相手や仲間に自分のプレーを決められない選手。

アドバイスや意見を聞くことは大切だが、決めるのは自分であることを忘れてはならない。仲間に意見をする時も同様、やるかどうかは最終的にはその仲間が決める。厳しい試合、非常にレベルの高い試合…、自分が決めずして勝てるだろうか。そこで誰かに甘え自分の思考を遅らせていては、勝ちは遠ざかっていくだろう。


決めたプレーに誇りを持つこと。自信を持て


自分が決めたプレーであれば、失敗しても堂々とプレーをし続けることができる。失敗したプレーに対して仲間が意見することもある。意見することは大切だし、情熱があれば意見はある。でも自分が決めたプレーに誇りを持つこと。

自分で決めろと言われても、自信がない選手もいるだろう。その状況に応じた様々な解決策を練習していくことは大切だ。しかし、よく言わることだが「自信」とは自らを信じることであり、沢山の練習が「自信」を与えてくれる訳ではない。今の自分にはできないことがある、失敗することもある、それでも自分は最大限にプレーすることはできる。それが「自信」だ。


考えて決める。人に合わせるな


単純に言えば、その回数が多くないと良い選手にはなれない。それはフットサルの場面だけでなくて良い。普段の生活から、自分が考えて決めていくことが大切。

自分が考えて決めていくためには、自分の価値基準を創る必要がある。人に合わせて行動していては身につかない。それは孤独を伴うことがあるかもしれない。しかし本来、孤独である。一人の人だ。一人一人が偉大な力を持った時に、チームは奇跡的なものとなる。

自分の意志で決め続けろ。