2015年10月28日水曜日

練習を通して訓練を行いスポーツ選手として「姿勢」を形成していく



練習で行うように試合でプレーすることとなる


もし練習を100パーセントで行うなら、試合ではより一層のプレーとなることだろう。身体的心理的要素から見て。練習は試合で大きな力を発揮する可能性を持っている。

練習メニューに対して向き合う姿勢が私たちの未来を刻んでいくだろう。その姿勢が真髄でなければ、試合になった時にそのパーセンテージを超えることはないだろう。

そしてチームが高いパフォーマンスであることを管理するためのもうひとつのことは、監督はそれぞれの選手を知り彼らの力を活用することにある。


目的を達成し続けていくこと


週に4時間か6時間の練習がスペインの育成年代で行われることが多い。そのトレーニングやプレーリズムが良くも悪くも、私たちの体や心を習慣としていく。練習では一度に幾つもの目的で練習することは勧められない。一歩ずつ進んでいくこと。チームはそれら獲得された要素に応じてオーガナイズされないとならない。

プレーを知ること、それを学ぶこと、そして特にそれを練習すること。そういう「時間」に従事することが、刻んだ目的を獲得するためのバイタルだ。プレーしながら練習すること、競い合うプレーによる練習を基本とすること、選手やチームの特徴に応じて子どもたちはそこで強化されていく。

練習メニューのバランス状態をとっていかなければならない。実際に行う人と練習メニューの困難さ。簡単すぎても難しすぎても私たちの意図に達することはない。毎回子どものパフォーマンスを楽しんでいく、進化していく、向上していく。