2015年10月26日月曜日

戦術の一周旅行!?戦術的ピリオダイゼーションはどこからどのように計画を組むのか



戦術的ピリオダイゼーションの持つ特徴


具体的な特別性からトレーニングされる
  • ひとつの領域に特化した分析的な練習メニューや前後関係のない練習メニューは使用しない
  • プレーの提案に対して最大限に尊重する
  • 戦術は練習メニューの評価や発展に関連している
  • 練習メニューの戦術的数量化(練習される基本プレーの本質、頑張る活動の本質、参加する選手の人数、使用するスペース、練習メニューの時間)
  • 認知と決定の活発な活動

身体的頑張りについてはそう心配しない
  • 身体的なものより心理的回復を優先する
  • 90分の長さのセッション
  • 1日1回のセッション
  • インテンシティについて話すときは感情の消耗(対選手の集中)。戦術的インテンシティ(戦術的アクションの解決)にフォーカスした練習メニューの理解と実行のため、選手が維持しなければならない集中レベル。
  • 量について話すときは効果的に実現することができる刺激に対する時間

ツアーのプランニングモデルで最高の時間に


  • 機械的なモデル(進水状況関係なく)
  • 分析的なモデル(1つ1つ順番に)
  • 統合的なモデル(幾つかをまとめがら)
  • 管理的なモデル(戦術的ピリオダイゼーション)

インテグラルトレーニングと同じではないグローバルトレーニングに向かって行くことに挑戦しなければならない。インテグラルトレーニングでは幾つかの要素(技術、戦術、心理、身体)が現れないようにすることができる。グローバルトレーニングでは全ての要素を持ち現れなければならない。練習に欠くことのできない時間を最高なものとしていくだろう。


負荷の指示


緊張性
加速、停止、短いスペース、少ない選手数、短い時間

持続性
大きなスペース、多い選手数、練習メニューの長い時間

速度性
決定、実行、移動の上昇させた速度、明確なアクションタイム


ミクロサイクルのデザイン。形態的なサイクル


複雑性の進化
簡単なものから複雑なものへ、プレーモデルの基本を獲得すること

傾向性の進化
試合おいて出していきたい状況や行為を繰り返すこと。

頻発性の進化
アクションに対するフィジカル能力の向上


戦術的ピリオダイゼーションとは


プレーを知ること、プレーを組織化すること、選手に対する基本としてのプレーモデル