2015年9月28日月曜日

4-0システムとライン間プレー[オプション1]遠いサイドへのパス



2つのパスで相手を惑わす



もし相手守備者がライン間の選手へのパスを閉めると、遠いサイドの選手への距離ができる。


もし遠いサイドの選手へのパスをもっとマークすると、ライン間へのパスの角度を許すこととなる。


相手のマークチェンジを活用する



ボール保持者に対してプレスがない場合、遠いサイドの選手は背中をとることを狙う


セカンドラインの選手もライン間に注意しなければならないため、沢山のスペースををうんでしまう。


視野確保できていない相手のマークチェンジを活用する



ボール保持者に対してプレスがない場合


居残り背中をとる。


通り越したファーストライン。セカンドラインの守備者は2人の攻撃者を持つこととなる。


  1. 4-0システムとライン間プレー[基本]ボール保持者に対してパスの3つのオプション
  2. 4-0システムとライン間プレー[オプション1]遠いサイドへのパス
  3. 4-0システムとライン間プレー[オプション2]1.ライン間へのパス
  4. 密集から点在へ。4-0システムとライン間プレーにおける「逆サイドの活用」
  5. ボールと人の循環の仕方が鍵!4-0システムとライン間プレーにおける「攻撃の忍耐」