2015年7月9日木曜日

「理想と現実…」私たちのスタイルを見つけること



創る、向上させる、信じる、ひとつのスタイルを、あなたのスタイルを。スタイル、私たちの哲学、私たちの信じること…。これらは私たちを定義し、異なるものとし、私たちに道を与える。困難や悪い結果に対して私たちを見失わない、常に私たちを確認することができる。


1人の監督のスタイルをグループ化する4つの様相


「プレーモデル」「戦略的プラン」
戦術的ピリオダイゼーションの適用に言及する。対戦する様々なプレーモデルに対する私たちの哲学とその継続した評価。

「自身の管理」「他人の管理」
心理的ピリオダイゼーションに言及する。特に選手たち。しかし、テクニカルスタッフやチームに関わる全ての人も忘れてはならない。


2つのスタイルから構成される成長


この過程における重要な論点は、各監督に唯一のスタイルは存在しないことである。常に2つのスタイルが存在する。

「現実のスタイル」「理想のスタイル」
現実と理想の継続した分割。これによって希望するものと持っていないものを一体感を持って観ることができる結果を得る。私たち自身で利用する理想は、現実足りていない状態をいつも感じさせることを習慣とする。


「他人の管理」現実と理想


選手たちがチームでどういて欲しいのか。どういう姿勢でプレーして欲しいのか。その理想を定義し、現実を探り、近づける。到達点はなく、いつも流れ続ける。

その作業は何より大切で難しい。