2015年7月10日金曜日

選手のプレー能力を評価すること。正確な評価は監督にとって大きな能力のひとつ




フットサルと選手を理解すること


獲得しているものを検査することができるものが、「正確な評価」。そのための評価プロセスを構築しなければならない。このプロセスは、プレー能力を構成するすべての要素が集合的に表明される「試合中」に行われることが多い。敵の応援、不安、大切な試合、点差、苦しい状況…、様々なことが加味される。

テクニカルスタッフの偉大な挑戦のひとつとなる。試合で発生する正確な状況をもとにして、練習でプレー能力を評価することが必要となるだろう。

評価
  • 選手の個別な成長情報(トレーニング前と後)
  • 結果の獲得についての情報
  • 適用する手順の効率レベルについての情報


最初の評価と対話


シーズンの開始時や育成練習の期間に実現される。そこで、選手に必要とされる能力の存在と欠如を知ることができるだろう(レベル、やる気、予期。
直接的観察や具体的査定が基本的に適用される方法である。


育成的、継続的な評価


練習の過程やシーズン中に実現される。選手たちを目標達成に向けて動機付けし、方向付けながら情報を与える。同時に、監督へ選手たちの習得の過程が機能しているか情報を与える。
試合の様々な状況を加味した選手の振舞いを立証し、管理する観察がその方法となる。


総括的な評価


シーズンや育成練習期間の最後に実現される。獲得したレベルや育成練習の過程を効果を決定する。
様々な状況を加味した状況の中で、提案したプレー能力の目標が達成されたか観察することが方法となる。


プレー能力を決めるための評価基準


1.認知能力
  • 量(視野確保の広さ)
  • 質(注意の洗濯)
  • 計算(自身、ボール、仲間、相手のスピードや軌道)

2.プレー展開中の予測能力
  • 目的、人やボールの動きを事前に知る重要性

3.決断能力
  • 判断したインフォーメーションの明確さ
  • 正しい分析と的確な解決
  • 手段の利用における適切さ
  • 遅れない決定
  • リスクを負う勇気

4.活動のはやさ
  • 認知-分析-決定
  • 走りやボールなしの動き
  • ボールありの実行
  • 実行の質や正確さ

5.協力能力

6.相手の予測がつかない方法に対してプレー状況の解決

7.観衆や時間、試合経過の圧力に対する能力

※これらを適切に管理、評価することは、プレーにおいて効果的に振る舞える、モダンフットサルのために闘える選手育成につながるだろう。


必要とされる練習での要求


  • 異なる注意
  • プレー状況の継続的な認知
  • プレー状況の予測
  • プレー状況に適した継続的な決断
  • アクションの様々な種類に注意しながら適切な実行
  • 減少させたスペースでの活動
  • 決断のための継続した時間圧力の下での活動
  • 身体的な疲労や精神的ストレスの大きな蓄積によるプレー時間での激しい参加