2015年7月6日月曜日

重要な試合に対してどのように活動していくか。ナーバスとモチベーション



上位チームとの試合や何かの大会の決勝戦、素晴らしいイメージを与えるチームとの試合など。重要な試合に立ち向かう瞬間に到達する時、私たちに何か緊張感をもたらす。普通は行わない、これらのことを取り扱う。


プレーモデルの変更は難しい


その試合前の一週間の間に、私たちのプランニングを変える必要はない。いつもと同じようにトレーニングする。私たちと対戦相手の長所と短所を強調し、強化しながら。しかし、いつもと同じ中で、対戦相手に害を加えるための小さな修正は行う。プレーモデルの大きな変更ではない、小さな修正に限る。

いつもと違うこと、やってきていないことをやってもうまくはいかない。


モチベーションのレベル調整


モチベーションは重要な試合の前では、最重要となる。しかし、行き過ぎは良くない。たとえば、試合前のミーティングで長い時間話をすること。この長い話によって、重要なアイディアを頭に残すことは不可能だ。たとえば、大人であるかのように子供にいきすぎたテクニックやタクティクスの話をすること。

重要なのは、自然体であること、緊張を少し紛らわすこと、問題ないと納得させること。その後に、私たちの短く、明確、簡潔な話を与える。 5分以上は話さない、そしてウォーミングアップに入る。
試合直前、プレーに関することは2つより多くはかたらない。チームを結合させる活動や話をしてコートに送る。


勇気を与えるベンチワーク


失敗に対して問題ないことを伝える、選手たちはプレーし続けなければならない。時が経つにつれて試合の中でも修正を与えるが、最初の時間帯は特に選手たちを勇気づける。

交代で戻ってきた選手に対して労いの言葉をかける、もしくは落ち着くまではそっとしておくことが大切なのかもしれない。プレーの具体的な指示は再度コートに入る時でも良いが、フィードバックさせておきたい際には、この場合ではない。


各選手の特徴に応じて、その監督らしくチームを発展させたい。