2015年4月22日水曜日

3.練習メニューを紹介した講習会 ~練習メニューをデザインするための実践~ /スペインフットサルの旅2014



全てのメニューは28m×20mで基本3対3。
状況が突然変化する。変化に急ぐのではなく、その状況を把握して考えてから決定するこが大切。


1. トランジション[3対3+2GK 各チーム1人が手にボールを持つ]


手にボールを持っている選手は守備をすることができないからボールをパスしあう。しかし攻撃はできる。
バリエーション:もしゴールしたらもう一つのボールで再び攻めることができる。
バリエーション:踏んで上げてボールを取ったら手のボールでプレーする。


2. トランジション[3対3+2GK]


「床!」と叫んだら全員がおしりを一度つける。
守備者の名前を呼んだらその人のみおしりをつけ相手が自分を越したら立つ。
守備者の名前を読んだら相手ゴールラインにいる仲間とタッチをして交替。
「ボール!」と叫んだら1人の守備者はボールをもらい相手キーパーと1対1。他の選手は3対2となり続ける。
長い笛を鳴らしたら守備し者はペアに対して守ることはできなくなり、その瞬間に再調節する。


3. トランジション[3対3対3+2GK]


外にいるチームにパスをしたら、受けたチームは中に、パスをしたチームは外に。
バリエーション:ボールがあるサイドと逆のサイドにしかパスを出せない。


4. フィニッシュ[3対3+2GK]


どちらのゴールに攻めても良い。しかし必ず1回はパスをせねばならない。

5. フィニッシュ[3対3+2GK]


パス2本以内にシュートまで。セカンドポストの場合は3本目でも良い。


6. フィニッシュ[3対3+奥のラインにそれぞれジョーカー+2GK]



7. プログレッション[3対3+サイドに2ジョーカー+2GK]


ジョーカーからのパスは必ず前に


8.フィニッシュ[3対3+サイドと奥のラインにそれぞれジョーカー1人]