2015年2月2日月曜日

どのように戦術的分析を行うのか?「スカウティング」




分析のタイプは2つ存在する。


ライバルに対して追い立ての戦術的分析を行うために、言及についていくつものタイプを持つ。
私たちが見る生放送や録画の試合の観察や書き留める文章と、相手の良い所を見る必要な情報を集めるようなビデオの編集である映像。試合の段階やセクションで分類されるビデオのカット、私たちのチームのために相手の必要な情報の画像など。


相手のプレーシステム。ポジションによる各選手の小さな描写。



戦術的なデッサンは基本的なものである。決められたコートに対する最初の選手の配置、そして攻撃の段階と守備の段階でのそれぞれの動きの一連を評価する。
システムによって守りシステムによって攻めるチームはたくさんあり、様々なバリエーションがあることに注意する。
選手のどんなプロフィールがあり、それぞれの場所でどうプレーするかを知ること。ポジションによる各選手の小さな描写。人目を引く能力や弱い能力。


プレーモデル



他に重要となってくる様相は、相手のプレーモデルである。組み立てられたプレーもしくは直接的プレー、その2つのモデルは有効である。
だが、そのうちの1つの哲学しか選ばないチームもある。これは私たちにとって有利になる点であると推測される。なぜなら、もしあるチームが一つのプレーモデルしか持たないのであれば、そのモデルをふせぐためにトレーニングすればモデルを変えることを余儀なくされると判断される。それにより違うモデルでプレーするいつもと違う状態になる時、とても大きな困難を持つこととなるだろう。


ライバルの相手によるゴールに対するリアクション



一つのゴールを受けた時のライバルチームは、プレーの様々な方法で適用する。
ここではライバルが行う可能性があるチェンジを評価しなければならない。システムのチェンジや守備タイプの変更など。


静止したボールのプレー



全ての中でより重要であることであるかもしれない。なぜなら、ゴールの高いパーセンテージをもつためである。試合を決定づける可能性がある。ライバルが持つ様々なプレーに注意を払わなければならない。
選手たちの最初のポジションから実現する動きまで、どこにボールがいくのかとても重要。そして、それらをどのように守るのか、ゾーンなのか人なのか、ミックスなのか。のちに、ライバルがどう守るかを知ること。それに応じてひとつ、もしくは他のオプションを創る。


精神の集合体



選手とチームのの精神的様相はフットボールではとても重要な点である。なぜなら、もしこれがいくつかの機会で最高な状態であれば、試合の状況においてフットボールの能力を超越する。
ひとつの失点、ひとつの敗北などに対して相手チームがどうリアクションを起こすのか。全選手が同じ精神的プロフィールを持つわけではない。何人かは野心的で辛抱強いかもしれないし、他の何人かは悲観的かもしれない、これは精神的な戦いに大きな影響がある。
どこから、誰に対してこの様相に攻撃することができるか。