2015年1月23日金曜日

Volea! スペインリーグのセットプレーで最大限に活用されている「ボレーシュート」




ボレーのコンセプト


攻撃の技術アクション。ボールが地面に付く前にゴールに、シュートを打つ確かな意図によってボールを足で強打する。

ボレーは難易度の高いシュートとして扱われる。なぜなら身体の動きとボールの軌道の間の素晴らしいコーディネーションを必要とされるためである。
単純な技術フォームにも難しさがある。

ボレーでよく使う足のコンタクト面は、力のあるシュートを打つための甲全体と正確なシュートを打つための足の内側である。足の外側でもボールにインパクトを与えることはできるが使われる頻度は少ないだろう。


ボレーをするための注意するべき様相

  • ボールの移動の速さと高さを同一視すること。
  • ボールが落ちていくにつれてそのゾーンの近くに立つこと。しかし完全な下ではない。
  • ボールに当てる瞬間で慣性を活用する。
  • 腕の動きが必要不可欠である。体のバランスをとるため、ボレーを調節するために
  • 脚から振るのではなく下腹部から体幹を軸とする。


特にキックインやコーナーキックで活用されるボレー

ボレーがあるから中のゾーンが空く。中があるからボレーのゾーンが空く。