2015年1月29日木曜日

プレースタイルを創る。そのために必要な準備と順序



理論的に、選手のため有益となるようなプレープランを基礎とする


明白で正確、誠実な団体の特徴を活かして、それぞれの試合に勝つことができるように。この戦略を基本とし、より一層の文化的、風土的要素の何かを追加することが可能だ。


理想に対する質問をしろ


そのスタイルをデザインする前に私たち監督にしなければならない質問
  • 監督として私はどうか?どのように伝える?何を持っている?誰が私に教えた?どんな経験を持つ?知っていることは何?したいことは何?
  • どんなプレーのスタイル?なぜ?
  • 自由を持つ?真似をする?即興する?
  • どのように?どこで?いつ?
  • 他のスタイルは?他のシステムやサブシステムは?
  • どんな問題を持つ可能性がある?どのようにそれらを解決する?


スタッフの構成


  • そのスタイルに直接もしくは間接的に影響を与えるスタッフのオーガナイズ
  • トレーナー(監督):チームの指示対象、すべての責任は彼に帰する。
  • 第二トレーナー(コーチ):監督の信頼の人。その役割は重要。
  • キーパートレーナー(キーパーコーチ):キーパーとして欠かせない別の練習メニューを提携する。
  • フィジカルトレーナー:練習のセッションの発展において非常に重要
  • スカウティング:内部や外部の情報の源。とても役に立つ。
  • メディカルサービス:怪我をした選手の早い回復のために重要


あなたのチーム用の特徴を選べ


どんなタイプの特徴が欲しい?何をより強化する?
激しさ(攻撃と守備)、積極性(攻撃と守備)、賢さ(集団の考え)、力、持久力、スピード、結束、競争力、コミュニケーション(ポジティブな方法について沢山話す)。リーダー、参加者、特徴や性格…




3つの柱によるプレースタイルのオーガナイズ


守備:システムとバリエーションを決めること
  • トランジションにおいてどのように振る舞うか。
  • 攻撃的な方法
  • 後退させる方法

攻撃:システムとサブシステムによる
  • 基本的な戦術、技術、フィジカル、戦略、そしてメンタルをトレーニングすること。
  • トランジションに対してどのように振る舞うか。
  • プレーモデルの重要性のパーセンテージを決定する。(ポゼッション、ダイレクト、カウンターアタック)
  • 相手やコート、私たちの能力の状況に応じて、攻撃のバリエーションを2つかそれ以上に持つこと。

戦略:異なる状況をトレーニングすること
  • 守備について(試合で現れる可能性のある様々な状況におけるマークのタイプ。)
  • 攻撃について


そして最後に、練習のセッションを計画する


そのプランにしたがってトレーニングしようというもの(起源-発展-最終的なチームパフォーマンス、という過程)が確かになった時に、唯一欠けているのは私たちの内容を発展させるトレーニングセッションの計画を創ることである。
それぞれの監督によって評価の段階を、マイクロ・サイクルやメソ・サイクル…など、分けて行われる。

チームのアイデンティティの計画とともに、他のテクニカルスタッフに力を借りながらセッションの内容を創る。私たちの最終目標は、最高の方法によってそれを吸収させるように、個人や集団の利点を解釈させるように、そして試合において可能な限りの確信、最大限の効力と共に実行できるように、構成員の間で発展させることにあるだろう。