2014年11月20日木曜日

相手攻撃のブロックに対したマークの交換のタイミングと注意点



画像1:ブロックによるシュートを試みる赤と、それに対する青



守備者は相手のブロックを感じ、フロートし始める。


自分のマーカーがブロックする瞬間。


ボールホルダーは空いたスペースへ1対1をすることを決める。マークの交換の瞬間。


守備者はシュートされないように早く調整する。


ブロックされた守備者は自分の背後のスペースに対して調整する。

画像2:ブロックによるシュートを試みる赤と、それに対する緑



ボールを持つ赤。


左の赤にパス。


パスを受けた赤が中に運ぶ。パスを出した赤がブロック。マークの交換の瞬間


ボールホルダーに対する守備者はシュートされないように早く調整。

マークの交換は反動的な意図を持って行われる