2014年11月19日水曜日

パフォーマンス向上に大切な練習集中力!コンセプトとある練習メニュー



定義

発展している練習メニューで必要とされる様相に向けて、注意をあて維持するための能力。精神的なコンセプト。
知らない練習メニューで重要なところに焦点をあてること。

練習の集中から注意をそらし害を与えるような様々な要素

  1. 怒り:特定の瞬間によるイライラにより集中を失う
  2. 退屈:動機と活動のレベルの低さ
  3. 大急ぎ:スポーツ活動を破壊しながら出来事を急がせる
  4. 疲れ:疲れを増加させ、コーディネーションとコンセントレーションのレベルを落とす
  5. 分離思考:スポーツとは何の関係もない思考をする
  6. 過度な分析的思考:失敗や成功という、前の状況を繰り返し思考する。
選手のパフォーマンスを向上させるため、疑いなくとても大切な道具のひとつである。

練習集中力は、2つの基本コンセプトに基づく:
  • 適切な周囲の信号への注意
  • この注意する焦点の維持

タッチによるメモリー(アナリティックな練習)

ペアでボールひとつ。
技術アクションを一続きにして行う。2種類のタッチを行ったらもう一人にボールを渡す。受け取った選手は一人が行った2種類のタッチとさらに2種類のタッチを行いボールを渡す。それを継続して行う。
選手たちは技術的な様相とアップ的な様相をトレーニングするとともに、仲間の新しいジェスチャーに対して注意を向け、一連の技術ジェスチャーを記憶していかなければないだろう。
したがって、間違えないために集中している状態になければならない。

番号と色によるキーパーも含めた5対5の試合。(インテグラル)


2つのタイプのチームを形成する。
(色による:青と赤 /番号による2と3のチームと4と5のチーム)
監督が色もしくは番号を叫ぶことでチーム形成が変わる。攻撃の方向はボールを持っている選手に従う。
各チームで誰と行くのか記憶することで集中をトレーニングする。監督が叫んだ時に、誰に対して誰と行くのか早く知るために集中している状態にあるだろう。