2014年10月7日火曜日

構築しながら管理する。監督がやる3つの基礎



リーダーであること


リーダーはチームの選手たちを納得させなければならない。パフォーマンス標準を上げるように。そして彼らによって生きていかねばならない。

リーダーであることは自分自身をリーダーとすることである。リーダーは選手たちにインスピレーションを与える。インスピレーションでリーダーとなる。テクニックで統率する。

リーダーであることは良い未来を想像すること。私たちはどのようになりたいか選ぶことができる。それを信じさせること。分子を変えること。それらを輝かせること。
リーダーの能力は他の人が見ていないところを見ることである。将来の魅力的なビジョンを創造しなければならない。そして他人が見えないことを説明しなければならない。

熱意でビジョンを伝えること。練習メニューはチームに熱意を入れるためや創造するための鍵である。

統率すること


監督は最低2チームをトレーニングすることになる。選手たちのグループとテクニカルスタッフ達。アシスタントたちは最高の者(実力者)たちでなければならない、そして彼らにトレーニングを任せられなければならない。もしあなたのアシスタントが最高の者達でないなら、あなたのチームのリミットはあなたとなる。

選手のグループで全員がクラックであることはない。

チームをトレーニングすること


信頼:信頼は沢山の脚を持つ頑丈な机のようだ。それを見させること、伝える。
熱意:伝染する。熱意は人々に、より一層のインスピレーションを与える。熱意の生産者
約束:約束は楽しさが終わった時に現れる。
相乗効果:1+1 = 3