2014年10月8日水曜日

監督にとって大切となる11個の能力



1.チームの管理

一つのチームは沢山のピースにより形成されるパズルのようである。そして各ピースはそれぞれの場所がある。成功を手にするためには、それら一つずつを率い管理し、その役割を彼らに明確にするような人間であるのが基礎である。

2.現実的なオプティミズム

夢を盲目的に信頼することから成り立っているものではない。ある計画の中で熱心にトレーニングすることや、それを獲得するために最良のものを与えることである。将来への希望を持つ人達は目的を獲得するだろう。

3.委任することを知ること

グループの全てのトレーニングの中で、トレーニングと責任を配分する必要がある。なので、1人の人が全てを行うことは不可能であり非生産的である。適任である人たちでこれらの責任を分配するのを知ることは、チームの良い機能を果たすための鍵である。

4.ユーモアな感覚

ユーモアな感覚は、より力のある武器の一つである。破滅的な状況に対して重要性を低下させたり、無意味な瞬間をほめたたえる能力である。

5.コミュニケーションの管理

シーズンの各瞬間においてタイミングの良いメッセージを伝える能力を持つこと。記者会見も選手の前でも同様

6.感情の自制

感情を適したやり方で管理すること。そして、私をコントロールするのがこれら感情であるのを許さないこと。時々は冷静にそして将来の見通しと共に、ものごとをじっくりよく考えることが必要である

7.リーダーシップ

監督は共通の目的と目標を達成するために熱心にトレーニングさせながら、チームに注入するための確かな指導的巧みさを持たなければならない。

8.モチベーター

いくつかの状況に応じて適した言葉たちは、選手たち自身がイメージしていたレベル以上の成果をあげさせる能力がある。

9.選手との相互作用

あるグループを管理するためには、グループのパーツを鍛える必要がある。近くになり、選手のためになれる状態であること。近いことは、過剰な信頼を意味するわけではない。

10.フットボールを観ること

このスポーツで現れるイノベーションを分析する能力。プレーの異なる戦術、違うリーグ、違うカテゴリーもしくは新しい試合を分析的目線で観察することは私たちのパフォーマンスを向上させる。

11.自己評価と助言を受け取ることを知ること

自己評価する能力を持つことや、あなた自身に誠実であること。私たち自身のエラーを区別することは克服のための最初の一歩である。私たちを誤解させる。