2014年10月2日木曜日

監督が試合中に発展させることができる可能性のあるアクション



全てのスポーツにおいて選手と監督の間で、同じようなコミュニケーションの形を可能とするわけではない。
それぞれのスポーツにおいてプレーを伝達するのに、監督の持つ能力でかなりの違いがうまれる。

監督が試合中に発展させることができる可能性のあるアクション

試合前/状況を分析すること
  • 心理的な目標の復習
  • 戦術的計画の復習
  • 可能な限り状況の検証
  • 可能な限り解決策の勉強
  • 決断や代案の評価
試合中/サイドライン
  • リラックス
  • 戦術的視点
  • 選手を励ます
  • 大げさすぎるジェスチャーをしない
  • 少しの戦術的指示
  • ベンチに状況をコメントする
  • よいアクションを強化する
  • 留意する
  • 分析する・熟考する・決定する
試合中/交替
(ベンチ入る)

  • 交替の評価
  • 交替を通じて願う
  • 選手に心配を質問する
  • 状況を伝達する
  • 指示・訂正を与える
試合中/交替
(ベンチ出る)

  • 指示を思い出す
  • 動機づける・励ます
最後/更衣室
  • 励ます・祝う
  • 熟考し分析する(頭のなか)
  • コメントなし
  • 留意する
  • ポジティブな点とネガティブな点

監督として、人間として、グループのリーダーとして、私たちのアクションにはとても注意を払わなければならないだろう。