2014年7月30日水曜日

遊びながら学ぶこと




子どもたちはプレーしながら(遊びながら)学ばなければならないとよく聞く。

指導は興味を引くためやモチベーションを高めるために、プレー(遊び)を基本とされなければならない。
練習したいことに対し苦悩を与えるような練習メニューをデザインする、そんな熱意によって監督たちはよくこれを忘れてしまう。そして子どもたちは練習メニューを実現する、しかし彼らは十分にプレーしていない(遊んでいない)。

育成において実現する練習メニューの大半は基本的には遊びであり、そのように扱うべきである。この方法によって子供に競争やおもしろさ、魅力を加える。退屈になることを避け、取り組ませたいことに集中させる。そして、次の日に再び練習したくなるだろう。

フットサルは一つの遊びであり、遊ぶことを学ぶ最良の方法は遊ぶことである。

”様々なメニューで練習を用意する、育成の監督たちみんなを励ます。そして頼む、遊びを忘れないでくれ。”
ヘスス・カンデラス