2014年1月27日月曜日

サッカーのスター選手が語る「フットサル」


UEFA Futsal EURO 2014が明日開幕。それのプロモーション動画には様々なスター選手の言葉が添えられている。

フットサルはサッカーとは別のスポーツである。しかしフットサルは確実にサッカーにも好影響を及ぼすスポーツである。それでは何がサッカーに強く影響を及ぼすのか。ドリブルを筆頭にした技術習得なのか。

子供だから技術の習得が大切なのではない。初心者だから技術の習得が必須であるだけであり、最低限の技術習得を終えればそこからは戦術・身体・精神も同時に高めなければならない。



「サッカーに好影響を与えるフットサル」という観点で見ると、現時点で1番強調したいのは精神面だ。

フットサルはサッカーより人数が少なくコートが狭い。そのため状況を認知し、やることを決定し、実行しなければならないその回数が格段に多い。ただでさえ簡単なことではないというのに、そこには迷いや悩み、落ち込みが襲い、さらに休むことなく様々な場面が迫ってくるのだ。
それでも選手たちは平常心"無"であり続けない限り、よい決断ができない。

以前Twitterで投稿したもののまとめ