2013年10月25日金曜日

壁パス /Pared(パレー) ~基本的なグループ戦術(攻撃)~



コンセプト

仲間にボールを渡して自分のマーカーを超越しながら、できる限り少ない時間の中でボールを再びボールを受け取る動き。相手を置き去りにする。

  • 軸となる選手は正確な瞬間にマークを外す。
  • 軸となる選手はボールを受けたときに戦術的決断を行う。
  • ボールを返すまでにワンタッチで返すことも沢山ボールを触ることもある。
  • 開始者は、縦への動き、横への動き、斜めへの動きが考えられる。
  • 相手守備者の近くを探すことが重要。
  • プレッシングの相手やマンツーマンの相手に対して、もしくはカウンター時により有効となる。





基本的な集団戦術の手段である。(参考記事/10.攻撃における集団戦術の種類