2013年9月4日水曜日

[2] 1.ボールの循環|シンプルなグループ戦術




相手の守備のバランスを悪くするまで上下の動きを鈍らせるためにボールを回す。どんな攻撃でも基本となる。早さ、正確さ、継続性、流動性、折りよく行うことが必要不可欠。

コンセプト


チーム間のメンバーによってうみだされる継続したサポートによって、ボールの保護を可能とする戦術手段である。相手のゾーンにあるスペースの拡大やうまく活用できるパスラインを獲得し、相手の守備移動の武装解除を目的とする。
※相手の注意を引くこと、サポート、そしてパスと受け取りが基本とされる。

攻撃の最初の瞬間は、守備の最大限の集中からなっていることを選手は知らなければならない。だからこそ攻撃アクションは急ぐ必要はない。相手がボールを奪う可能性を感じなくなっていくように試みていく、それは疲れの現れ、そしてミスを促すだろう。