2013年8月28日水曜日

初歩的なグループ戦術。最初は数的優位な状況で学び数的優位な状況を学ぶ



初歩的なグループ戦術。

攻撃において相手を超越することによリ創られるもの。もしくは数的同数の争いから、インテリジェンスな協力により瞬間的数的優位に変え、スペースを活用することで創られるものである。

同様に、守備優位となる不均衡な状況がうまれる可能性もある。1×2や2×3などを意図的に作りだす時のことを言う。

初心者が練習を行う際に導入される状況である。数的優位の状況レベルは監督が設定し、その設定により初心者であっても何とかボールを触ることができる。数的優位におけるコンセプトは局面により変わるが、それぞれの局面によるコンセプト(プレーの優先順位)を選手たちが学ぶようにトレーニングされていかなければならない。

”どんな戦術手段の目的も数的優位を作ること・探すこと。従って、グループ戦術は数的優位の状況を効率的に活用する能力であるだろう。”