2013年8月22日木曜日

攻撃におけるグループ戦術の種類。年代に応じて段階的に教えていくこと



複雑性や習得の重要性によって異なるグループで構築される。階級的秩序を持つので論理的に教えなければならない。


[1]初歩的なグループ戦術


数的優位な状況
[例]カウンター、組織された攻撃による数的優位の状況...


[2]シンプルなグループ戦術


数的同数の相手に対する仲間たちの間での協力アクション。選手はそのアクションを実行する時、チームのリアクションやチームの行動について考えていなければらない。集団プレーを合理化するような基準のもと行うこと。

[例]ボールの循環選手の循環...


[3]基本的なグループ戦術


数的同数の相手に対して2人の間での協力アクション。数的優位の状況や機会を探しながら、動的状況に対応する。

[例]パラレラディアゴナルコルティーナアクララードブロケオクルセインヴァシオンパレドディビディルフィンタ


[4]複雑なグループ戦術


グループの戦術手段の集合体。戦術手段の本質やその発展は、上記の全ての手段をまとめること。その効果は、それらの実行の質やそれらをつなぐ能力次第である。

[例]複雑な循環(ローテーション)戦術手順