2015年12月4日金曜日

練習を各スポーツ特有なものへ。そのスポーツの練習をするために



練習できることとできないこと


外的な要素は練習できない。ただし、環境を整える努力は可能である。

フィジカルコンディション、技術の器用さ、戦術を知ること、判断能力、心理状態、ルールの知識…など、これらは向上させることが可能。指導-習得の過程を通じて。


それぞれの領域から要素を抽出


フットサルを構築する要素の特徴を明らかにしなければならない、私たちの練習をデザインするところから。

戦術、技術、身体、心理の領域からフットサルに必要な要素を抽出する。育成年代においては、それぞれの年代に応じて練習できる要素をまとめておきたい。


要素を混ぜるシェーカーの機能


どんなスポーツであっても、全要素の同時結合なくしては発展することはできない。それぞれの要素をどうやってミックスするのかが興味深い問題となってくる。

その支配を選手が獲得できるような最高の形は何か
プレーに固有する全ての要素を調整する、

どのように伝えなければならないか
監督により獲得されている知識や経験を

どんな方法を雇用し、各状況における賢く適用する能力を与えなければならないか
試合の様々な瞬間に追い求めている特別な目標、その理解を安易とするために

練習でより効率的な戦略は何なのだろうか
試合においてフットサルの選手の最高のパフォーマンス獲得するために。