2015年9月17日木曜日

大人も子どもも、みんな「認めて欲しい」指導者は認めることから。



大人も子どもも、みんな「認めてほしい」
見てくれてるって感じることは大人も子どもも大事。
この小学校先生がすごい! 子どもたちのやる気を引き出す数々の仕掛けとは

その子の想いを知ることから


指導や教育の立場となると、その子を成長させたいと思うし成長させなければならないと思う。その子の「先」を見て、もっと、もっと、という気持ちになることがある。その子も成長したいと思っているし成長しないといけないと思っている。

成長させたい私たちは、勝手な思い込みでその子を見てしまうことがある。その時、私たちはその子を責めてしまうことがある。責めた後に思う、その子にはその子なりの想いがあった。


その子と話せる関係を築く


私たちの勝手な思い込みが生まれた時、それをそのまま伝えると良くない。感情的になってはいけないところ。思い込みが生まれ私たちの感情が膨れ上がるときに一度、気付かれない深呼吸で感情を収縮させなければならない。思い込みであったことに気付く。

その子と話をする。私たちが感じたことを伝える。


まずはアンテナを立てること


成長させたい私たちの気持ちは大切なことだろう。私たちは成長させたいので聞いて欲しいし、聞かない態度に腹が立つこともあるだろう。でも、その子はその子なので私たちの感じたことを伝えたところで、受け入れるかどうかはその子次第。

子どものアンテナを立てれるかどうかは私たちの人間性次第。