2014年11月5日水曜日

ボール運びのコンセプトとメニュー /Conducción(コンドゥクシオン)



概要

技術アクション。足の様々な部分を利用しながらコートのあるゾーンから違うゾーンへボールを運搬する。継続的なボールタッチを実現しながらボールに対してのコントロールを維持するように。

ボール運びにおいて使用される足の表面
  • インサイド
  • アウトサイド(あまり実用性はない)
  • 甲の内側
  • 甲の外側
  • 甲の全体(あまり実用性はない)
  • 足の裏(つま先側の半分を使うことが妥当)

ボール運びの習得の最中に強調される重要な2つ
  1. ボールの継続的コントロールを持つこと(足とボールの感覚)
  2. 視界をあげること

ひとつの練習メニュー

初心者に適しているが、どんなレベルでもアップとして利用可能


全選手が定められたスペースの中で仲間とぶつからないようにボールを運んでいく。
監督が数を言ったら、その人数になるようにすぐさま集まらなければならない。