2014年10月24日金曜日

システム攻撃のようにプレーモデルを定めなければならない。切り替わりの局面である「トランジション」




攻撃から守備のトランジション:事前の動き、ボールロストと守備バランス
守備から攻撃のトランジション:事前の動き、ボールリカバリーと配置

ゴールの結果に影響する。ポジション攻撃よりもゴールが生まれる。


攻撃から守備へのトランジション




ボールロストに対する事前アクション
  • 守備の上下(数的優位や相殺できるゾーンを埋めること)
  • 警戒(相手もしくはスペースに対して相殺するために)
  • 役割の交替
  • バランスよく責めなければならない。守備においてより効果的とするために

ボールロストの瞬間におけるアクション
  • ボールロストを予測するときに、選手そしてチームとしての速やかな姿勢の変更
  • 瞬間的決断の高いレベル
  • 有利な解決をするのために、スペースの大きさを縮小する

もしフィニッシュのゾーンでボールを失ったら
  • ボールホルダーや最初の段階として力となるボールレセプターへ執拗な追跡。なぜならボールリカバリーの良い瞬間であるため。

もし組立や前進でボールを失ったら
  • ボールホルダーへの追跡と最大限の集中。危険なゾーンにボールを行かせない

守備バランス
  • スペースの合理的な占拠を探す


守備から攻撃へのトランジション




ボールリカバリーに対する事前アクション
  • 守備段階に介入しない選手
  • 攻撃するために好ましい状況を獲得すること

ボールリカバリーの瞬間におけるアクション
  • 配置
  • ウェーブによる発展
  1. 直接的カウンターアタック(数的優位)
  2. 組立的カウンター(数的優位)
  3. 速攻(5対5ではない数的同数)
  4. ポゼッション攻撃