2014年10月17日金曜日

ポゼッション・プレーとはなにか?グアルディオラやバルサからの考察



実際にはFCバルセロナのポゼッション・プレーが話に上がる。グアルディオラ監督と共に最大限の象徴となった。

その選手たちの特徴が、そのプレースタイルとなったのかもしれない。すでに知っているように"フットボールは選手から成り立つ" 、そしてバルサは前述したスタイルのために選手たちを探し育てながら、これら約束のもと沢山の年月を過ごしていた。

グアルディオラはクライフもしくはファン・ハールの生徒であり、プレーしていた。さらにはメキシコで、ラ・ヴォルペに使われる3人の選手によるボールの突破を観察することができ、現在フットボールの最大の学者の一人、フアンマ・リージョと最高の友好関係を築き上げることができた。フアンマ・リージョはグラルディオラが卓越やポゼッションプレーの最先端に達するために手を貸した。

続いて、ポゼッションプレーの種を取り出すことを試みていこう。おそらくいつの日かグアルディオラのバルセロナのような卓越に到達することができるだろう。しかし簡単ではない、なぜなら既に言ったように"フットボールは選手たちから成り立つ" 、その世代を繰り返すことは難しい。



ポゼッション・プレーの基本的な特徴

  • 攻撃と守備は分けることはできない、攻撃が守備を左右する
  • チームはボールとともに移動しなければならない。そのためにボールホルダーは常に異なる高さにサポートを持たなければならないだろう。攻撃のカバーが常に存在する。
  • 直接の相手と顔を正対する、首を曲げない
  • 基本的なことは後ろから数的優位を生むこと。
  • いつパスするのかいつ運ぶのか熟達されなければならない。相手を突破するならパスをする。相手を割るために運ぶ。
  • 1列目のプレスのラインの背中に数的優位を生むことを探すための3人目のコンセプトは基本的である。
  • センターのレールでスペースを創るためや考えたり実行するため、そのような時間やスペースを得るために幅と深さはエッセンシャル。
それら全てが、ボールの近くに様々な選手たちを備えることに導く。その選手たちは、ボールを失う可能性に対して素早い反応を可能としボールを再度保持するためにプレスをかけることができる。