2014年10月15日水曜日

違いを教える監督が意識する「2つの違い」 と技術



違いを扱うこと


それぞれの選手に対して異なる付き合いをしなければならない。しかし何に応じて?
お願いすることに応じてではなく、必要なことに応じて。必要であることに応じて選手と付き合う。
誰に対しても動機づけすることはできない。事前に、必要となることを知らせることはできる。

しかし、ある選手に対して必要なものを観ることは難しい?
1人の選手を心理学の点で3つのことを観ることは難しくない。確かさ、受け入れ、することの意義。選手はこの3つのうちの一つは必要となるだろう。それを質問することはできるし、選手の行為に必要となることを気付かせることもできる。

もし確かさ(自信)がかけているなら:大胆になれない
もし受け入れが欠けているなら:自尊心を持てない
もし意義が欠けているなら:することを信じることはできない

必要となることに応じて、異なるすべての世界を扱うこと。扱いの違いはチームを見ることが基本だ、選手やチームにとって良くなるように。
好意による扱いの違いと混同しないこと。それはサービスだ。私たちはパフォーマンスについて話をしている。



違いを修正すること

知らなければならない最初のことは私たちの選手たちがどのように学ぶのかということ。

2つの方法がある
A.積み上げ
新しい知識を一層持つことを習得すること。知識の加算である。
B.関連付け
学んで、そして既に知っていることを見直す。持っていることを保存し、新しく学ぶことを既に知っていたそれに関連付ける。そして学んだ全てを見直す。

鍵となるのは修正の結論を取り出すように選手を見ることにある。

そして重要なこと
A.情報を自分のものにする早さを知ること
B.その情報を適用するところを早めに調査すること

良い監督とトレーニングしているか調べる最善の方法は、選手に投げる情報の量を観ることである。