2014年4月1日火曜日

守備のプレーシステム考案




守備者の効率良い配置

攻撃者が用いる最初のポジションや、彼らの移動に応じて
一般的な守備計画
守備の型

個人守備能力への適用

ある選手もしくはあるゾーンに対しての責任を割り当てる
選手たちの守備能力に応じて
最大限の効率の獲得を探しながら

守備の助けの樹立

守備のプレーシステムの構築は、選手間で生みだされる動きのコミュニケーションを予測できなければならない。その目的はチームの守備アクションの実現と助けることにある。

守備の戦略計画に対する尊重

守備の割り当て(マンツーマン、ゾーン、ミックス..)
守備の配置(オールコートプレス、ハーフコートの守備..)
特別な状況に対する集団戦術アクション

攻撃の各アクションに対する守備方法に適する選択

各個人によって、小さいグループによって、もしくはチーム全体によって
全選手により知られている調整された働き
守備システムの中での実行の優先順位

"スペース-時間"の調整と守備の相互作用に適したスペースの使用

守備プレーの中での優先順位
同じやり方により守備プレーを解釈する様々な選手たちの集合アクション
攻撃アクションが発展するスペースによる
最高の瞬間に

攻撃の実行の可能性を最大限に制限すること

攻撃アクションを中和、回避することを試みる。(攻撃者たちの可能性のあるアクションを全て守ることはできない)
集団スポーツではプレーの主導権はボールのポゼッションを持っているチームのものとなるのが常である。
守備の目的のひとつはプレーにおいてイニシアティブを握るよう試みることであるだろう。

攻撃の移動をコントロールすること

攻撃ポゼッションや相手の前進を最大限に避ける、もしくは乱す。自由に発展させない。

ボールの早い動きを妨害すること

パスによる選手のコミュニケーションは、攻撃の段階でよく使われる一つの手段である。
この集団を鈍らせるために相手プレーのポテンシャルを制限する。
ボールが簡単に進展しないようにメカニズム(個人的なものと集団的なもの)を樹立する。

守備の相互作用を可能としながら、あるスペースに向けて攻撃アクションを制限すること

守備にとって危険が小さくなるスペースに向けるよう主導権を握れるように
事前に決められた地域で相手の制限もしくは邪魔となるような集団アクションを実現する

守備のクリアーと早い攻撃の可能性バランス

選手のスペースのオリエンテーションや配置は、ボール回復に対して早い動き出しを良くしなければならない。

ボールの回復による守備段階の終わり

インターセプト、攻撃パートによりボールの失い、ゴールの獲得、ボールの奪取、ファール..などによる回復