2012年12月8日土曜日

各国の代表選手が集結するチーム 「インテル・モビスター」




世界最高峰。一流の空気


毎日練習を見て、考え、選手や監督たちに質問、学びに変える。
彼らは普通に接してくれるにもかかわらず、この場にいることに謙遜しすぎてしまう。
僕にとって、この空気を毎日吸うことが人間性を養うことになる。

世界最高峰の監督。ヘスス・ベラスコ


今季から指揮を執る。イタリアで10シーズン、15のタイトルを獲得している。その後、2シーズンカハセゴビアの監督となり、現在に至る。
昨シーズンのスペインリーグ最優秀監督に選ばれている。

昨シーズンのカハセゴビアは、人とボールをより動かしポゼッションを高めたフットサルを展開した。僕にとって憧れるようなフットサルだし、誰もがそう思うだろう。
基本的には4-0(クワトロ)のシステムを採用する。彼が就任したことにより、インテルB、U-18、U-15は4-0をベースとしている。

テクニカル・スタッフ

  • 第2監督、トレーナー、キーパーコーチ:チチョ(日本代表帯同経験あり)
  • アシスタント、主務、下部組織のコーディネーター:セサル
  • 理学療法士:ホセ
セサルとホセは元々インテルの選手。


昨シーズンは良いのかと思いながら、同じピッチ上で見ることが出来た。今シーズンは観客席から。